年齢肌対策に有効

年齢を重ねると、エイジング肌を気にする人が増えてきます。シミやしわが増え、ハリやツヤが無くなり、お肌が乾燥しやすくなります。年齢肌のスキンクリームは、上記でも述べたように、保湿効果が高い成分や、外部からの刺激をシャットアウトしてくれる成分など、肌トラブルに効果的なスキンクリームです。また、肌トラブルの原因となる乾燥を防ぎ、保湿を維持してくれる為、綺麗な肌をキープし、お肌をより若々しく改善させてくれます。

更に、年齢肌のスキンクリームをどう使い分けるかも重要です。季節毎や、ストレスや食生活でも変化する為、その時のライフスタイルや自分に合ったものを選ぶ事が重要です。夏と冬では、肌の状態は違います。しかし、夏でも冬でも1年を通して乾燥は起こります。夏場は汗をかき、肌に必要な保湿成分や水分も一緒に流れてしまいます。冬場はお肌が乾燥しがちになり、かゆみを伴う場合もあります。温度や湿度に敏感なお肌は、季節毎に変化しますが、夏でも冬でも乾燥は起こります。その為1年を通して乾燥を防ぐことはとても重要と言えます。

スキンクリームはこういった、様々な肌トラブルや肌の変化に対応出来る基礎化粧品です。本格的なエイジングケアを行うにはスキンクリームは、必要不可欠と言えます。

お勧めの成分

綺麗なお肌にする為、維持する為に必要成分と言えば、潤いを与え、乾燥を防いでくれる水分と油分です。年齢肌をケアする為に使用するスキンクリームに必要な成分とは、主にどんなものなのでしょうか。

まず1つ目に挙げられるのが、ヒアルロン酸です。ヒアルロン酸は保水力に優れており、お肌に潤いを与えてくれます。その為、小じわの予防や改善になります。また、温度や湿度に影響されない為、肌を保湿する為にはとても有効な成分です。2つ目にコラーゲンが挙げられます。コラーゲンは保湿効果に優れており、水分をしっかり抱える事で肌に弾力をもたらし、お肌に張りを与えてくれます。その為、しわを目立たなくさせ、もちもちとしたしっとり滑らかなお肌になります。3つ目はセラミドです。セラミドは表皮の一番上の表皮に存在する保湿成分です。細胞と細胞の間を埋める細胞間脂質の一つで、水分を蓄えお肌を保湿してくれます。また、細胞と細胞の隙間を埋める事で、外部からの刺激からお肌を守ってくれます。

これらの3つの成分、ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドは綺麗なお肌を保つ為には、無くてはならない成分と言えます。これらの成分が多く含まれるものを、使用するようにしましょう。

スキンクリームの基本

年齢を重ねる毎に肌質は変化し、お肌の気になる部分が増えていきます。毎日欠かさず入念にお手入れしていても、しわやしみ、たるみくすみなどといったお肌の老化現象は誰にでも起こります。ここでは、年齢肌をケアするスキンクリームに関する事についてご説明します。

スキンクリームは、アンチエイジングには欠かせない基礎化粧品の一つです。基本的に洗顔後は化粧水、美容液、乳液、スキンクリームの順番にお肌に塗ります。それぞれの基礎化粧品にはそれぞれ異なる役割があり、最後に塗るスキンクリームには、それぞれの有効成分をお肌に閉じ込める役割があります。その為、お肌に塗る順番はきちんと守る事が大切です。また、その日によってお肌のコンディションが異なる為にこの順番を守らなかったり、塗らなかったり、量を加減する事をしてしまいがちですが、そうする事で、それぞれの基礎化粧品の効果が大きく損なわれてしまう事があります。スキンクリームだけを塗る事もいけません。必要な水分や、有効成分がお肌に浸透していない状態でスキンクリームを塗ると、いきなり油分でふたをしてしまう事になります。その場合、乾燥やにきびなどといった肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があります。その他、顔に塗る際は何か所かに点在させ、ムラ無く均一に顔全体に伸ばします。その時、強くこすったり、すりこむ事はせず、優しくなじませるようにつけます。

正しい用量を正しい順番で使用する事は、基本中の基本であり、年齢肌をケアする為にはとても重要です。必ず守るようにしましょう。