スキンクリームの基本

年齢を重ねる毎に肌質は変化し、お肌の気になる部分が増えていきます。毎日欠かさず入念にお手入れしていても、しわやしみ、たるみくすみなどといったお肌の老化現象は誰にでも起こります。ここでは、年齢肌をケアするスキンクリームに関する事についてご説明します。

スキンクリームは、アンチエイジングには欠かせない基礎化粧品の一つです。基本的に洗顔後は化粧水、美容液、乳液、スキンクリームの順番にお肌に塗ります。それぞれの基礎化粧品にはそれぞれ異なる役割があり、最後に塗るスキンクリームには、それぞれの有効成分をお肌に閉じ込める役割があります。その為、お肌に塗る順番はきちんと守る事が大切です。また、その日によってお肌のコンディションが異なる為にこの順番を守らなかったり、塗らなかったり、量を加減する事をしてしまいがちですが、そうする事で、それぞれの基礎化粧品の効果が大きく損なわれてしまう事があります。スキンクリームだけを塗る事もいけません。必要な水分や、有効成分がお肌に浸透していない状態でスキンクリームを塗ると、いきなり油分でふたをしてしまう事になります。その場合、乾燥やにきびなどといった肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があります。その他、顔に塗る際は何か所かに点在させ、ムラ無く均一に顔全体に伸ばします。その時、強くこすったり、すりこむ事はせず、優しくなじませるようにつけます。

正しい用量を正しい順番で使用する事は、基本中の基本であり、年齢肌をケアする為にはとても重要です。必ず守るようにしましょう。